あなたは大丈夫?不足すると危険な葉酸の重要性とは

葉酸は特に妊婦に良いとされている栄養素です。
DNAの生成と修正に関係し、赤血球の生成や造血作用もあるとされています。
妊婦ではない方にとっては、ビタミンの一つとして、臓器の働きを助ける働きをしています。

ですから、葉酸不足で危惧されることといえば、胎児の神経に関係する病気です。
妊娠初期に葉酸不足が引き起こす胎児の先天異常として、発育ができなくなってしまいます。
脳や脊髄などに障害が残ったり、流産や死産になります。

 

葉酸は乳幼児期や成長期の子供にとっても大切で、発育に大きく関係します。
葉酸は造血(特に赤血球)の生成に関わっているので、不足すると貧血になります。
最悪、悪性の貧血、頭痛や吐き気、動悸などの症状を発症します。

 

胃や腸、口などの粘膜を強くする効果があり、不足することで潰瘍ができたり、口内炎ができます。
造血とともに血管にも必要な栄養で、不足が続くと、血管が硬くなる、狭くなる、血流が悪くなります。
動脈硬化にかかるリスクも高くなってしまうとされています。

 

生活習慣病である高脂血症や高血圧も葉酸が少ないことが原因の場合もあります。
最近では、うつ病や認知症、白血病、インフルエンザなども葉酸との関係があるとされています。
たくさんの野菜に含まれているビタミンの一つが葉酸です。

 

要は、毎日の野菜不足から起こると考えてよいですから、どうしても野菜を多く食べられない方は、葉酸のサプリメント等を飲むことをおすすめします。