あなたの家にもあるかもしれない!葉酸を含む食品とは

 

葉酸は、水溶性ビタミンで、ビタミンB群に含まれています。
食事から摂る場は野菜がほとんどです。
アスパラ、ほうれん草、キャベツ、とうもろこし、レタス、さつまいも、豆類、緑黄色野菜、果物などに含まれていて、特別豊富とされるのがさつまいもです。
上記の野菜を見ると、毎日どれかしらの野菜を食べている方が多いことでしょう。
葉酸は、実は野菜をたくさん食べている方にとっては、不足することがないとされる栄養素です。
ビタミンを摂るために野菜をたくさん食べているという方は多いですが、しっかりと葉酸も含まれていますのでご安心ください。
ただし、葉酸は水溶性ですから、水に溶け出したり、長い事空気に触れると酸化してしまう事もあります。
そういった野菜などの葉酸は、量も減少してしまうとされています。
ですから、より多くの野菜の摂取が必要です。
野菜以外では、牛レバー、鶏レバーには豊富に含まれています。
レバーは、栄養豊富な食べ物として、貧血防止などに良いとされていますが、葉酸を摂取するために食べるとしたら、そんなに多くなくても良いです。
帰って、食べ過ぎないことも必要な方もいらっしゃいますから、あえてレバーからよりも、野菜を食べて葉酸を摂取が理想です。
また、酒を飲んだ時には、必要以上に葉酸が使われてしまいます。
ですから、お酒を飲む方は、野菜を多く摂ることをおすすめします。
妊婦に良いとされる葉酸ですが、妊婦限定ではなく、どなたにも摂っていただきたい栄養素です。