期間が大事!葉酸はいつから摂取したらいいの?

葉酸は、妊婦に良いとされています。
胎児の大切な成長、より理想的な育ちに期待ができるからですが、いつから摂ると効果的か?ということになります。
胎児の成長で、先天異常があります。
極端な話ですが、栄養がきちんと補うことができないことで、異常をきたすことがありますが、この時に葉酸がたっぷりあることで、そのリスクを回避することができます。
そして、先天異常は妊娠直後に始まっているとされていますから、妊娠10週(妊娠3ヶ月)以前には、葉酸のある体であってほしいです。
妊娠7週(妊娠2ヶ月)頃に、胎児の神経ができるとされていて、この時にジャストミートでの葉酸が理想的です。
といっても、妊娠2ヶ月というと、妊婦本人も妊娠の意識がない場合が多いですから、葉酸の摂取は、妊娠前からが良いでしょう。
受精卵になった瞬間から細胞分裂が始まり、葉酸のある母体は、より的確に胎児の成長に深く関係します。
そろそろ子どもが欲しいと思った時から、食卓に葉酸、サプリなどで摂取を始めると間違いなく、葉酸のある体での妊娠が可能になり、健やかな胎児の成長を望むことができます。

 

妊娠に気がつくのは妊娠3ヶ月くらいですが、3ヶ月というと、すでに神経が出来上がっています。
妊婦がとったほうが良い葉酸摂取時期を明確は妊娠1ヶ月前以上妊娠3ヶ月までです。
それで先天異常児の誕生リスクを減少できるだろうと言われています。
厚生労働省では妊娠適齢期の女性すべてに葉酸摂取を勧めています。
緑黄色野菜や豆類などから1日400マイクログラムを摂ることです。